知ってびっくり!千葉銀行!

千葉銀行の定期預金を活用する

千葉銀行の定期預金は、一般的な定期預金、積立定期預金などを取り扱っています。平成26年1月17日現在、定期預金の金利の最新情報は、スーパー定期預金(3年預け入れ・300万円以下)の場合、0.025%となっています。同じ金額の普通預金を千葉銀行で預けた場合は、0.020%の金利となっていますから、定期預金だからと言えども、金利面でメリットがあるわけではありません。

ちなみに平成26年1月17現在で、3年預け入れ・300万円以下の設定において、最も金利が高いのは静岡銀行の定期預金です。その金利は何と驚きの0.350%。しっかりと定期預金で資産を増やそうと考えれば、一度に多くの金額を預け入れることになるでしょうから、同じ預け入れをするのなら高金利の銀行を選ぶでしょう。あなた自身もそうされるのではないでしょうか。

ですが、千葉銀行も負けてはいません。金利はインターネット専業銀行などに劣るところがありますが、ユニークな定期預金商品で対抗しています。例えば「シニア定期預金」では、通常のスーパー定期預金の金利に年0.1%の金利を加算してもらえます。もちろん加算には条件があって、契約時に千葉銀行の銀行口座で年金を受け取っていることと、65歳以上であることを満たすことで、別途契約する定期預金の金利が加算されます。高齢者のあなたには興味のある商品だと思います。同様の金利加算サービスは、退職金の受け取り口座を千葉銀行にした場合でも行われています。これからセカンドライフを謳歌しようとしているあなたにはぜひ活用して欲しいです。