知ってびっくり!千葉銀行!

千葉銀行で資産運用をしよう

2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)がスタートすることとなり、多くの金融機関では資産運用を希望する個人投資家を顧客に取り込もうとさまざまなキャンペーンを実施して、投資信託関連の顧客を獲得することに努めています。もちろん千葉銀行も例外ではありません。

千葉銀行ではNISAはもちろんのこと、アムンディ日経平均オープンなどのファンド商品、新興国や先進国の債券など、さまざまな投資信託の商品を取り揃えています。ただし、取引に際してその取引金額の2.1%相当分を申し込み手数料として支払う必要があります。この申し込み手数料を比べてみると、やはり証券会社や投資信託会社のように投資を専門に扱っている会社にはかないません。取引を頻繁に行う人には、この申し込み手数料がかなり負担となりますので、その面でいえば千葉銀行の投資信託は少々物足りないかもしれません。

ですが、千葉銀行の行っているキャンペーンは投資信託に関するデメリットを補ってあまりある内容です。例えば投資信託の申し込み手数料を、インターネットバンキング経由で行うことで、2.0%相当分の申し込み手数料をキャッシュバックしてくれるキャンペーンを現在実施しています。インターネットで投資信託の申し込み等ができるのもありがたいですが、それで申し込み手数料も節約できるのであれば、千葉銀行の投資信託商品もまんざらではありません。

ちなみに、投資信託商品を選ぶ場合、やはり地方銀行よりも証券会社や投資信託会社の方が選べる選択肢は多いです。実際に投資信託を始めるにあたっては、専門の部署に問い合わせて、あなた自身が行いたい投資のスタイルを踏まえて、適切な金融サービスを利用することをお勧めします。