親近感のある、ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクトと都市銀行の同種サービスの比較

ゆうちょダイレクトは、郵政民営化によって誕生したゆうちょ銀行が行っているオンラインバンキングサービスですが、実は郵政民営化前からもオンラインバンキングサービスを実施していたことは、あまり知られていません。民営化後に現在の「ゆうちょダイレクト」としてリニューアルを行いました。

ゆうちょ銀行と言う民間の銀行に生まれ変わり、都市銀行や地方銀行などが一気にライバルとして登場したことで、それぞれの金融機関が行っているようなオンラインバンキングサービスを同じように導入し、顧客の確保を狙ったというのがゆうちょダイレクトの登場した経緯です。

ゆうちょダイレクトでは携帯電話、スマートフォン、パソコンサイト、それに固定電話を使って預金の残高照会やゆうちょ銀行間の資金移動、他の金融機関への振り込みが行えるようになっています。ですが、他の都市銀行が提供しているサービスと比較すると、少々物足りない部分があります。

都市銀行の中でもメガバンクと言われる国内大手の銀行では、すでにゆうちょダイレクトと同種のサービスを実施しています。それ以上に、定期預金の開設や解約、外貨預金の開設や解約、カードローンの返済や限度額変更など、さまざまな商品の手続きが行えるようになっています。また最近では宝くじの購入ができるようになっているなど、金融口座以外のサービスもオンラインバンキングで提供するようになっています。ゆうちょ銀行もゆうちょダイレクトの機能強化など、他の金融機関へ追いついていかないとならないでしょう。