親近感のある、ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクトとネット専業銀行のサービス比較

そもそもインターネットバンキングとは、自宅のパソコンからや、携帯電話それにスマートフォンからなど、様々な場所で様々な端末を使って銀行の取引ができるサービスです。このサービスを使うことができれば、店舗窓口やATMが利用できない時間帯でもさまざまな取引ができ、それぞれのライフスタイルに合わせてサービスを利用でき非常にメリットになります。

ゆうちょ銀行でも「ゆうちょダイレクト」と言うサービスを提供し、口座の残高照会やゆうちょ銀行間、それに他の金融機関への資金移動を行えるようになりましたが、正直言ってまだまだオンラインバンキングサービスとしては「弱い」と言わざるを得ないでしょう。

オンラインバンキングサービスと言えば、すでにジャパンネット銀行などのネット専業銀行が多数存在し、それぞれにネット経由でできるサービスを多く提供しています。実際にジャパンネット銀行で行っているサービスでいえば、ゆうちょダイレクトでできるサービスに加え、定期預金の新設や解約、カードローンの申し込みや返済、宝くじの購入、そしてJRA主催競馬やオートレースなどの公営ギャンブルの投票や配当金受け取りなども行えるようになっていて、明らかにゆうちょダイレクトより行えるサービスは充実しています。

ゆうちょ銀行も次第にサービスを充実させてくると思いますが、やはりネット専業銀行のサービスに追いつくにはまだまだ時間がかかると思います。あと、ネット専業銀行では専用アプリの導入によりスマートフォンへのサービス対応を行っていますが、その部分もゆうちょダイレクトはまだまだ未対応です。サービスの充実をもう少し待ちましょう。