親近感のある、ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクトの惜しい点

もともとゆうちょ銀行では窓口やATMを使えば、総合口座や振替口座の残高照会や振り込みの処理、入金の処理などを行うことができるようになっています。これはゆうちょ銀行だけではなく、どこの銀行でもインターネットバンキングを開始して、さまざまな手続きができるようにサービスを提供しはじめています。

ですが、すでに多くの都市銀行やネット専業銀行がさまざまなインターネットバンキングを展開している中、ゆうちょダイレクトのサービスを見比べてみると、どうしても物足りない点を感じずにはいられません。様々な点が物足りないのですが、スマートフォンアプリへの未対応などは、顧客がスマートフォンを利用するであろうことが今後増えてくるのですから、さっそくに対応してほしい点です。

あと、ゆうちょダイレクトでは入金や出金などの資金移動ができますが、他の都市銀行やネット専業銀行がネット経由で提供しているように、定期口座の開設や解約、カードローン関係の申し出、宝くじ購入や馬券購入などのサービス、それに外貨取引や投資信託サービスへの対応が全くできていません。今後対応してくるとは思うのですが、既にこれらのサービスを提供している金融機関が多い以上、対応してこないと顧客の流出が起きかねません。

また、インターネットバンキングのメリットは金利の良さでもあります。人件費や店舗維持費用がかからない分金利が特別に設定されていることもインターネットバンキングのメリットなのですが、その部分についてゆうちょダイレクトでは金利の加配など、恩恵は全くありません。惜しい点ばかりかもしれませんが、今後の取り組みに期待しておきましょう。