親近感のある、ゆうちょダイレクト

ゆうちょダイレクトのセキュリティ対策

ゆうちょダイレクトでは、スマートフォンや携帯電話、それにパソコンを使ってインターネットバンキングサービスを利用することができます。これらの機器に共通する課題は、なんといってもセキュリティ対策であることは間違いありません。

セキュリティ問題でいえば、例えば偽のサービスページに誘導され、いつものように口座番号やパスワードを入力した結果、偽のサービスページを経由してそれらの情報を盗み取られてしまうスキミングや、コンピューターウイルスに感染させ、パソコンの操作内容を記録し盗み取るキーロガーなど、さまざまな手段で個人情報を盗み取ろうとしている悪しき人間が存在しています。

それらの現状を考慮して、ゆうちょダイレクトでは様々なセキュリティ対策を講じています。まずゆうちょダイレクトで使用するパスワードは自分自身でしっかり覚えられるパスワードに設定をすることができますが、アクセス状況を踏まえて、もし普段の端末ではない機器からアクセスがあった場合、口座所有者本人にしかわからない質問が提示され、それらを複数回、それも全問正解で回答しないと、ゆうちょダイレクトのサービスを利用することができないようになっています。

なお、ゆうちょダイレクトではセキュリティ対策ソフトを提供し、それらが無料でダウンロードできるようになっているので、気になった時にはすぐに自主的に対策を講じることができます。このソフトでは、最近多発しているMITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃に対応するため、専用ソフト「PhishWallプレミアム」を無料で提供し、ユーザーの口座から不正に資金が送金されないよう、悪意のあるソフトウェアの排除が行えるようになっています。